ドカ食い

ドカ食い

ダイエットをしている時はドカ食いに走りやすいです。

 

ダイエットは初めはやる気十分で、体重も少しずつ落ちて計画通りに進めていくことができますが、やがて停滞期が訪れます。
この停滞期こそが最もドカ食いに走りやすい危険な時期なんです。
停滞期はなかなか体重が減らないのでイライラや不安が募ります。そうなると感情を抑える為につい食べることに意識がいってしまいます。一個くらいならいいか。と食べ始めたら止まらない。。。こんな感じです。

 

人間は、あまりに我慢しすぎると脳のからの「食べなさい」という指令が異常になるそうです。

 

ダイエットが流れに乗ってうまくいっている時は”我慢”をさほど感じないのですが、停滞期に入ると途端に”我慢”を意識するようになります。
ストレスを感じるようになると自律神経が乱れ、脳の満腹中枢も刺激されにくくなり、おまけに脳からの指令異常も起こるので、一個くらいならいいかと食べ始めたものの、異常なほど食欲が止まらなくなり、ドカ食いしてしまったというケースに陥ります。

 

ダイエット中のストレスだけでなく、日常生活におけるストレスからも同様のことが起こります。自分は食欲をコントロールしたくても、脳からの指令には逆らえません。これがドカ食いのメカニズムです。

 

このように、脳と食欲は切り離せない関係なのです。

ドカ食い関連エントリー