摂食障害

摂食障害

摂食障害とは過食と拒食を繰り返す症状のことです。

 

過食症は食べ過ぎとは違い、異常なほど食べ物を食べ続けてしまう症状です。そして食べた後には”太ってしまう”という気持ちが強くなり、食べたものをすべて吐き出してしまったりします。

 

一方、拒食症は単なるダイエットとは違い、極端に食べる量を減らしたり、もしくは食事を取らなかったりします。自分が”太っている””もっともっと痩せなくては”と思い込んで、食事が取れなくなってしまいます。

 

どちらの症状も、自分自身の気持ちのコントロールが出来なくなっている上に、体にとって大変な負担であることは間違いありません。

 

本来、食事というものはおいしく食べるものだと思います。その食事が”苦しみ”に変わってしまうなんて悲しいですよね。

 

過食症も拒食症も原因は精神的なものからくることが多いそうです。

 

女性は特に「痩せたい願望」が強い人が多いです。いつの時代にもダイエットに関する情報は途切れないのがその証拠です。しかし、その「痩せたい願望」が行き過ぎてしまうとダイエットを通り越して、過食症や拒食症になってしまいます。また、極度のストレスを感じた時に摂食障害になってしまうこともあります。食べることでストレスを発散させようとしてしまうのですね。(過食の場合)

 

摂食障害は単なる食べ過ぎやダイエットとは違い、心の病です。完全に治すためには長期間かかるかもしれません。
しかし、いつか必ず克服できるはずです。専門機関で適切な治療を受けたり、カウンセリングを受けたり、焦らずに自分自身と向き合っていくことが大切だと思います。

摂食障害関連エントリー