メンタル面−心とのつながり−

メンタル面−心とのつながり−

過食の原因は、ストレスからくるものがほとんどだそうです。食事をすると脳が心地よい刺激を受け、快感を覚えます。そうするとストレスは一時的に解消します。これが食べることでストレスを解消するメカニズムです。

 

しかし、食べることによるストレス解消は一時的なものであり、軽いストレスなら問題ないのですが、慢性的なストレスは食べることでは解消されません。

 

根本的な部分が解決されていないからです。その根本的な部分というのは「自分の心」なのです。

 

心が満たされないと、食べる→ 一時的にストレス解消 →まだ心が満たされていない→また食べる・・・ということを繰り返します。これが過食につながっていくのです。

 

たまにならいいのです。好きなものを好きなだけ食べてストレス発散することも大事だからです。
ただ、これが毎日になってくると問題です。ストレス解消というより、自分の心のコントロールが出来ていないのです。

 

自分の心を見つめない限り、過食をやめることは難しいです。
自分の中で何が起きているか、どんなことで不安や焦りを感じているか、どんなことにイライラしているかなど、自分の心とじっくり向き合い、原因を探ることで解決につながります。

 

どのような時にストレスを感じているのかがわかれば、ストレスの原因となっている”もと”を取り除くための努力が出来るのです。ストレスの原因がわからないまま毎日のように過食に走ってしまうと、体にも心にも悪循環です。

 

過食をやめるためには、心と向き合うことが最も重要です。

メンタル面−心とのつながり−関連エントリー