自分のやりたいことをやる

自分のやりたいことをやる

夢や目標がある人は、その目的に向かって毎日を過ごします。
例えば、資格を取るために勉強に励んだり、マイホームを購入するために仕事を頑張ったり、婚活のため出会いの場を作ろうと努力したりと様々です。

 

夢や目標がある人は、「目的への行動」が生活における優先順位の1番になります。
夢や目標に向かって行動しているときは気持ちも前向きで、行動することが楽しくて仕方なくなります。

 

しかし、”つまらないな”、”何か面白いことないかな”、”今日も暇だな”など、いつも心が満たされていない状態の人は、ついつい食べることで心を満たそうとしてしまいます。
食べることにより心が満足すると、食べることだけが唯一の楽しみになってしまうのです。

 

そうして「食べること」が生活における優先順位の1番になっていくのです。

 

好きなことに集中していたり、没頭しているときは食べ物のことは全く考えないですよね。
自分のやりたいこと、興味のあることをやっていると心が満たされているので、食べ物のことはどうでもよくなります。

 

なにかひとつでもいいのです。自分のやりたいことを見つけて没頭してみましょう。そうすることにより「食べること」への執着もなくなります。

 

「食べること」への執着が強いと過食に走りやすくなるので、自分のやりたいことをやって過食を防ぎましょう。

自分のやりたいことをやる関連エントリー