自分を大切にする

自分を大切にする

過食を避けるためには、”自分を大切にする”ことが大事です。

 

”自分を大切にする”とはどういったことでしょうか。
自分の体をいたわったり、自分の気持ちを受け止めてあげたりすることが思い浮かぶと思います。

 

しかし一番肝心なことは「感謝する」ということです。

 

誰かに何かをしてもらった時、当然感謝しますね。しかし「感謝する」とはもっと意味の深いものなのです。

 

人は無意識に様々なことを「当然」と思って生きています。

 

寝ることが出来て当然、食べることが出来て当然、住むことが出来て当然、友達がいて当然、家族がいて当然・・・

 

でも病気になったらどうでしょうか。地球全体が食糧不足に陥り、食べることが出来なくなったらどうでしょうか。
家が火事で燃えてしまったらどうでしょうか。友達家族もいなくなってしまったらどうでしょうか。

 

私たちが生きていく上で当然だと思っていることは、実は当然ではなく、感謝すべきことなのです。

 

今この瞬間、生きていることさえ感謝すべきことなのです。

 

感謝の気持ちを常に持ち続けていれば、食べ物を大切にし、この世に生かされている自分の体や心も大切にします。そうなると過食へ走ってしまうこともなくなっていくと思います。

 

感謝することで気持ちが満たされていくからです。

 

過食に走りやすい人は意識して感謝の気持ちを持つようにしましょう。

自分を大切にする関連エントリー